· 

今日は建設の話しに来ました

 

 

 

「今日は建設の話をしに来ました」

 

先日、ある中学校に社会人講話として出前授業に行きました。

 

中学生はまだまだ子どもですが、素直で真剣に聞いてくれます。

 

思春期の彼らにとって、将来のことを考え始め、なんだか

思うようにいかないもどかしい気持ちも抱いていると思います。

 

そんな人生の大切な時期に社会人代表として話をさせてもらえる

ことはとても光栄です。

 

 

今回学校から依頼されたテーマは...

 

「大人の本気を教えてやってほしい」

とのこと。

 

いつも暑苦しいくらいの私には、ピッタリのテーマです。

 

彼ら彼女らにどこまで伝わったか不安でしたが、

たくさんの感想をもらいました。

 

読み返して、僕が泣きそうになりました。

 

『仕事に対する思いや愛があふれていてとても感動しました。

私のお父さんも工業系の仕事なのですが、なぜあんなに頑張って

いるのかがわかった気がします!』

 

『本気でやることの大切さを改めて知りました。

私も部活や勉強に何に対しても本気でやっていきたいです』

 

 

大人の本気は十分伝わったと思います。